free hit counter

 

NEWS・お知らせ

ACCESS TO INNOVATION

J A P A N   T E C H N O L O G Y   G R O U P     S E R V I C E S

PROFESSIONAL SERVICE

知財の戦略的な活用に必要なプロフェッショナル・サービス

プロフェッショナル・サービス・ラインアップ

戦略的な外国特許出願

NEWS・お知らせ

技術移転・事業化支援コンサルティング会社i-deals社との業務提携

Wellspringと日本でのチャネルパートナー契約を締結

 

Wellspring Worldwide社と技術移転ソフトウェア及び企業向けイノベーション管理ソフトウェア販売の戦略的なチャネルパートナー契約を締結しました。

BIO Internationalがオンラインへ!

大手製薬企業を中心としたバイオ技術産業界における世界最大の年次会議 “BIO International Convention”が、今年は“BIO Digital”としてオンライン・ヴァーチャル会議という新しいフォーマットで開催されます

 

弊社における新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく緊急事態宣言の発令を受け、弊社における対策についてお知らせいたします。

セミナー開催のお知らせ:
米国Eコマース(EC)成功戦略


自社ブランドと発明品で差をつける米国ECで成功するための知財戦略というテーマで、オンラインセミナーを「その1:アマゾン編」「その2:クラウドファンディング編」の2回シリーズで開催します。

AUTM年次会議が中止に!

 

今週末、2020年3月8日(日)からアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴで開催が予定されていた、「AUTM Annual Meeting 2020」が、急遽中止となりました。

発明者の目的に基づき国際的な権利行使を見据えた特許戦略

Foreign Patent Application

グローバルな事業展開や知財の国際的な活用を目指すにあたっては、外国特許出願、特に米国特許の取得は必須と言えます。競合他社の模倣に対する抑止と相手の特許取得を防ぐ防衛策、差別化戦略に基づく技術独占、さらに、強固かつ競争力の高い知財を構築して知財の価値や企業価値を高めるなど、特許出願の目的は様々です。発明者の目的に基づき国際的な権利行使を見据えた特許戦略の立案から、その戦略に則った外国出願実務を提供します。

日米に拠点を持つ恵泉国際特許事務所グループの強みとして、米国出願は直接代理します。全て日本語でのコミュニケーションが可能で、質の高い出願実務と従来比較で2/3の低コストを同時に実現します。

■ 米国出願の直接代理

米国仮出願を活用して優先権を確保した上で、本出願までの猶予期間(12ヶ月)を活用してマーケティングを実施します。事業性の判断や特許戦略の検証、開発計画の策定に有効な情報を提供します。仮出願手続きからマーケティング実施までワンストップで提供します。

■ 米国仮出願を活用したマーケティング

すぐに出願したい場合はこちらもご検討ください(恵泉国際特許事務所のサイトへ)

日本初!オンライン外国出願・PCT国内移行センター

外国特許出願やPCT国内移行はこちらから。

JTGは恵泉グループの一員です。

興味のある方は、JTGまでお問い合わせ下さい。

Tel: 03-5298-6552
E-mail: info@japantechnologygroup.com