free hit counter

 

NEWS・お知らせ

ACCESS TO INNOVATION

JTG NEWS,  EVENTS AND CONFERENCES

JAPAN TECHNOLOGY GROUP | JTG

JTGニュース・イベント情報・お知らせ

JTG NEWS  ニュース・お知らせ・イベント情報

JAPAN TECHNOLOGY GROUP / News & Announcement

NEWS・お知らせ

技術移転・事業化支援コンサルティング会社i-deals社との業務提携

Wellspringと日本でのチャネルパートナー契約を締結

 

Wellspring Worldwide社と技術移転ソフトウェア及び企業向けイノベーション管理ソフトウェア販売の戦略的なチャネルパートナー契約を締結しました。

BIO Internationalがオンラインへ!

大手製薬企業を中心としたバイオ技術産業界における世界最大の年次会議 “BIO International Convention”が、今年は“BIO Digital”としてオンライン・ヴァーチャル会議という新しいフォーマットで開催されます

 

オーストラリア  オープン・イノベーション・ウェビナー2020 開催のご案内(終了)

オーストラリア・ビクトリア州政府は東京オフィスを拠点に日本で40年以上の活動をしてきており、ビクトリア州の研究機関と日本の企業、研究機関との更なる連携を促進するためにこの度のウェビナーを開催致します。

東京オフィス移転のお知らせ!


(株)ジャパン・テクノロジー・グループ(JTG)は、2021年2月1日(月)よりオフィスを移転しました。

オーストラリア  オープン・イノベーション・ウェビナー2021 開催のご案内

今回のウェビナーでは、オーストラリアの最先端のNutrition & Health研究にフォーカスしたアンチエイジングやヘルスフードなど、日本でも重要課題とされている高齢化社会での健康増進に関連した研究について発表いたします。

オーストラリア
オープン・イノベーション・ウェビナー2021

Open Innovation Webinar Japan 2021

2021年5月25日() 10:00am 〜 11:00am (日本時間)

(株)ジャパン・テクノロジー・グループ共催

オーストラリア・ビクトリア州政府主催

過去のニュースはこちら

オーストラリア・ビクトリア州政府は東京オフィスを拠点に日本で40年以上の活動をしてきており、ビクトリア州の研究機関と日本の企業、研究機関との更なる連携を促進するためにこの度のウェビナーを開催致します。

今回のウェビナーでは、オーストラリアの最先端のNutrition & Health研究にフォーカスしたアンチエイジングやヘルスフードなど、日本でも重要課題とされている高齢化社会での健康増進に関連した研究について発表いたします。

ビクトリア州はメルボルンを州都としたオーストラリア南東部の州であり、研究開発やスタートアップ支援、技術革新に力を注いできたオーストラリアのイノベーションをリードしている州です。医薬・バイオ・ITなどに強みを持ち、州政府としてもビクトリア州の研究機関と海外との共同研究や投資を促進するため、世界22か所に海外オフィスを展開しています。

世界でトップクラスの機関の多くが高水準の教育システムやユニークで革新的な文化に魅力を感じて、メルボルンを研究開発の活動拠点と展開しています。また、ビクトリア州にはオーストラリア全体のライフサイエンス関連R&D予算の半分以上が投下されています。

オーストラリアの大学の研究の質をランク付けしているExcellence in Research for

Australia(ERA)において、2018年度のERAランキングでは、医用生体工学、神経科学、物性物理学、人間動作、スポーツ科学、ナノテクノロジー、免疫学、建築、経済学、心理学、天文学、宇宙科学などの109分野が「世界標準をはるかに上回る」レベル、その他の多くは「世界標準を上回る」レベルとして評価されました。そのメルボルンの研究開発機関・大学から3名の研究者を招いて、研究実績の事例紹介を致します。

この機会に、研究機関・企業・大学の皆様と共同研究の機会の模索、研究シーズの商業化に対する投資に関する情報収集の場として、今回のウェビナーをご活用ください。

 

開催概要

オーストラリア  オープン・イノベーション・ウェビナー2021

Open Innovation Webinar Japan 2021

  • 日時:2021年5月25日(火) 10:00am 〜 11:00am (日本時間)

  • 対象:研究機関、企業、大学等の研究者、産学連携、投資等のご担当者様

  • オンライン:Microsoft Teams使用

  • 使用言語:日本語と英語 (冒頭部分は日本語、研究者の発表は英語)※通訳はありません

  • 主催:オーストラリア・ビクトリア州政府
    https://www.studymelbourne.vic.gov.au/ja/home

  • 共催:(株)ジャパン・テクノロジー・グループ
    https://japantechnologygroup.jp


参加登録はこちらから▶▶

参加費無料

申込締め切り:2021年5月21日(金)

個人情報の取扱について:

 

プログラム

• オーストラリア・ビクトリア州政府よりご挨拶

• (株)ジャパン・テクノロジー・グループよりご挨拶

• 研究者による事例紹介

事例(1)

ヘルスフード

タイトル

Novel functional foods to alleviate micronutrient malnutrition

Alexander Johnson

School of BioSciences, The University of Melbourne, Victoria 3010, Australia



The University of Melbourne

発表者プロフィール

発表内容

Macronutrients and micronutrients localize to different regions of cereal grain, impacting not only on retention during milling but also their ability to be absorbed and utilized for physiological function by humans (i.e. bioavailability). Starch and protein are the main constituents of inner endosperm tissue and are readily digestible while micronutrient minerals such as iron (Fe) and zinc (Zn) accumulate primarily in the outer aleurone layer with phytic acid, polyphenols and other compounds that inhibit their bioavailability. As a result of the heterogeneous distribution of nutrients in cereal grain, milled products such as white rice and wheat flour are rich in dietary starch yet contain low amounts of bioavailable Fe and Zn. We have used genetic engineering to increase biosynthesis of two endogenous metal chelators – nicotianamine and 2’-deoxymugineic acid – in bread wheat (Triticum aestivum L.)1 and rice (Oryza sativa L.)2. The genetically engineered plants contain significantly increased Fe and Zn concentrations in milled grain, yield normally in multi-location field trials, and demonstrate improved Fe bioavailability in cell culture studies and animal feeding trials. This presentation will describe our research to produce Fe and Zn-enriched cereals and functional foods.

 

1Beasley JT, Bonneau JP, Sanchez-Palacios JT, Moreno-Moyano LT, Callahan DL, Tako E, Glahn RP, Lombi E, Johnson AAT (2019) Metabolic engineering of bread wheat improves grain iron concentration and bioavailability. Plant Biotechnology Journal 17: 1514-1526.

 

2Trijatmiko KR, Dueñas C, Tsakirpaloglou N, Torrizo L, Arines FM, Adeva C, Balindong J, Oliva N, Sapasap MV, Borrero J, Rey J, Francisco P, Nelson A, Nakanishi H, Lombi E, Tako E, Glahn RP, Stangoulis J, Chadha-Mohanty P, Johnson AAT, Tohme J, Barry G, Slamet-Loedin IH (2016) Biofortified indica rice attains iron and zinc nutrition dietary targets in the field. Scientific Reports 6: 19792.

 

 

 

事例(2)

-

タイトル

Food & Mood Centre: The science behind diet and mental health

Dr Wolfgang Marx
--

Deakin University

発表者プロフィール

発表内容

The Food & Mood Centre has pioneered research in the role of diet and nutraceuticals in our mental health. This presentation will provide an overview of our expertise in conducting world-class research and highlight areas of potential collaboration

事例(3)

アンチエイジング

タイトル

“Nutraceuticals to treat age-associated cognitive decline”

発表者プロフィール

発表内容

The presentation will cover our Centre capabilities – human clinical trials, methods and measures including cognitive and behavioural assessments, cardiovascular function, blood and biochemical assessments, brain imaging including EEG, MRI, and MEG.  Select studies will be discussed that demonstrate the efficacy of nutraceuticals and dietary interventions to improve cognition in older people. Most of our trials were funded by Australian and International companies with proprietary formulations that have been developed to enhance brain function and more general health. Study outcomes have provided a basis for the generation of intellectual property for industry to commercialise their ingredients and products.

• Q&A

• クロージング

参加登録はこちらから▶▶

参加費無料

申込締め切り:2021年5月21日(金)

個人情報の取扱について:

 

発表者プロフィール 詳細

Alexander Johnson

Associate Professor Alex Johnson heads a plant nutrition laboratory in the School of BioSciences at The University of Melbourne. His research investigates how plants absorb nutrients and factors affecting nutrient bioavailability in plant foods. He has worked with the non-profit initiative HarvestPlus for over a decade to develop iron-enriched varieties of rice and wheat to combat human iron deficiency in developing countries. Alex has a MSc and PhD from Virginia Tech in the USA. Prior to Melbourne he held postdoctoral positions at the University of Cambridge (Cambridge, UK) and the Australian Centre for Plant Functional Genomics (Adelaide, Australia).

 

▲戻る

Dr Wolfgang Marx

Dr Wolfgang Marx is a joint Alfred Deakin and Multiple Sclerosis Research Australia postdoctoral research fellow and Head of the Nutraceutical Research stream at the Food & Mood Centre. Wolfgang is also an Accredited Practising Dietitian and an honorary research fellow at The Florey Institute of Neuroscience and Mental Health, La Trobe University, and Bond University. Wolfgang’s current research program covers a broad range of projects involving the use nutraceuticals for mental health, fatigue, and cognition. Of particular interest is the role of polyphenols – compounds found abundantly in spices, fruits, and vegetables – in brain health and the gut microbiome.

 

▲戻る

Professor Andrew Pipingas

Professor Andrew Pipingas is a cognitive neuroscientist. He is Acting Director and Head of Neurocognitive Ageing Research at Swinburne University’s Centre for Human Psychopharmacology.

His research covers the application of cognitive and neuroimaging methodologies in the study of neurocognition and brain ageing in both cognitively healthy and cognitively impaired individuals.

Professor Pipingas is also engaged in projects related to healthy brain ageing and dementia prevention including nutritional, nutraceutical and lifestyle intervention studies in an older population.

He has worked with numerous Australian and international companies to conduct human clinical trials to assess the safety and efficacy of various plant based, vitamin/mineral/herbals combinations and functional foods targeting cognition, mood, cardiovascular function, and general health.

Centre for Human Psychopharmacology, Swinburne University of Technology, Melbourne,

Australia https://www.swinburne.edu.au/research/centres-groups-clinics/centre-for-human-psychopharmacology/

 

▲戻る

参加登録はこちらから▶▶

参加費無料

申込締め切り:2021年5月21日(金)

個人情報の取扱について:

お申し込みの際にご入力いただいたお客様の個人情報はイベントの受付業務にあたり名簿作成を行いお客様への対応をさせていただく上で必要なものです。お申込みいただいた個人情報につきましてはWebinar講師と共有させていただきイベント後のフォローアップ等に使用させていただくこともございます。また、今後Webinar講師が開催する各種イベント、主催者・共催者が今後開催する各種イベントのご案内に使用させていただきます。参加申込者の個人情報について、参加申込者本人の同意を得ずに第三者に開示することは、 原則いたしません。提供先・提供情報内容 を特定したうえで、 参加申込者の同意を得た場合に限り開示します。 ただし、関係法令に反しない範囲で、 参加申込者の同意なく参加申込者の個人情報を開示することがあります。

 

▲戻る

お問い合わせ:

オーストラリア・ビクトリア州政府

眞田まこと Email : makoto.sanada@global.vic.gov.au

(株)ジャパン・テクノロジー・グループ

山本光良 Email:myamamoto@japantechnologygroup.com

 

興味のある方は、JTGまでお問い合わせ下さい。

Tel: 03-6825-1418
E-mail: info@japantechnologygroup.com