free hit counter

 

NEWS・お知らせ

ACCESS TO INNOVATION

J A P A N   T E C H N O L O G Y   G R O U P    N E E D S    L I S T I N G

TECHNOLOGY NEEDS

技術ニーズ情報 

TECHNOLOGY NEEDS 2021

JTG | 技術募集

NEWS・お知らせ

技術移転・事業化支援コンサルティング会社i-deals社との業務提携

BIO Internationalがオンラインへ!

大手製薬企業を中心としたバイオ技術産業界における世界最大の年次会議 “BIO International Convention”が、今年は“BIO Digital”としてオンライン・ヴァーチャル会議という新しいフォーマットで開催されます

 

オーストラリア  オープン・イノベーション・ウェビナー2020 開催のご案内(終了)

オーストラリア・ビクトリア州政府は東京オフィスを拠点に日本で40年以上の活動をしてきており、ビクトリア州の研究機関と日本の企業、研究機関との更なる連携を促進するためにこの度のウェビナーを開催致します。

東京オフィス移転のお知らせ!


(株)ジャパン・テクノロジー・グループ(JTG)は、2021年2月1日(月)よりオフィスを移転しました。

過去のニュースはこちら

オーストラリア  オープン・イノベーション・ウェビナー2021 開催のご案内 (終了)

今回のウェビナーでは、オーストラリアの最先端のNutrition & Health研究にフォーカスしたアンチエイジングやヘルスフードなど、日本でも重要課題とされている高齢化社会での健康増進に関連した研究について発表いたします。

リチウムイオンバッテリーは、消費者向け機器から電気自動車まで、ますます多くの用途で使用されており、これまで、使用されているカソード、アノード、電解質材料の革新に焦点を当てた研究が行われています。これらの技術革新によりエネルギー密度の改善率が鈍化し始める中、多くの研究努力は、性能とコストを改善するための潜在的な道として次世代バッテリー技術に焦点を当てていますが、これらの多くは長期の開発軌道が予想されるか、または、成長著しい電気自動車市場向けにのみ絞り込まれています。

また一方で、多くのメーカーは製造プロセスを秘密のノウハウとして保持することを選択していますが、バッテリー製造のさまざまな段階での改善により、バッテリーの特性、その後のパフォーマンス、および市場投入までのスピードと共にCSR(企業の社会的責任)の資質が大幅に改善される可能性があります。

この企業の持つ製品の多くは、発電にリチウムイオンバッテリー(LIB)を使用しており、彼らは現在および将来の製品のバッテリーコンポーネントの性能の改善を継続的に模索しています。

また、この企業は、LIBの主要なユーザーでもあり、サプライヤーと優れた関係を築いており、バッテリー製造セクターの他のパートナー(代替材料、次世代バッテリーなど)と協力するだけでなく、サプライヤーと協力して新しいイノベーションを導入しています。このような状況は、企業や研究機関に、確立されたメーカーやエンドユーザーを介してテクノロジーの商業化を加速する絶好の機会を提供します。

さらに、サプライヤーとの関係、共同開発、ライセンス供与、投資、買収など、バッテリーの改善を達成するためのあらゆる形態のコラボレーションを模索しています。

リチウムイオンバッテリーの性能を向上させる革新的な製造技術

背景・詳細

• 共同研究/開発

• ライセンス

 

2021/11/08 掲載

消費者向けデバイスの定評あるメーカーが、リチウムイオンバッテリーの性能を向上させる革新的な製造技術を探しています。

 

 

概要

技術要件

この企業は、エネルギー密度、レート能力、サイクル寿命などの点でリチウムイオンバッテリーの性能を向上させ、最終的に全体の生産コストを節約できる革新的な材料加工および製造技術を特定することに関心を持っています。

以下を含む(ただしこれらに限定されない)リチウムイオン電池の製造に適用可能な革新的な技術でサプライチェーンのすべての段階において研究機関、大学、コンソーシアム、および企業とコラボレーションしようとしています。

• 既存のLIB製造プロセスの変更または強化。例えば、混合、コーティングと乾燥、予定表作成、スリット、スタッキング、セルアセンブリ、電解液充填。

• リチウムイオンバッテリーの製造、組み立て、テストにおける新しいアプローチ。

• LCOやNMCなどのさまざまな電池化学、およびプリズム、ポーチ、円筒形などのさまざまな波形率のエネルギー密度、レート能力、または製造可能性を向上させる技術。

• 環境にやさしいアプローチに焦点を当てた企業の社会的責任(CSR)の資質を向上させる技術。例えば、溶剤の除去、エネルギー消費量の削減、リサイクル性など。

• 潜在的な技術またはプロセスは、1〜3年以内に生産ラインで使用するために適用可能である必要があります。



評価対象外の技術

• この段階で特に限定はありません。

 

望ましい連携形態

• 共同研究/開発

• ライセンス

• 特許買収

• 事業提携(JV)

• その他

 

 

 

 または、info@japantechnologygroup.com までメールでお問い合わせください。
(興味のある技術ニーズのタイトルまたはURLを明記ください)

ニーズへの応答は無料です。

※ 上記掲載内容は、ジャパン・テクノロジー・グループ(JTG)が各ニーズの概要や要点を、独自に整理・要約・
翻訳(海外ニーズの場合)した上でご提供しているものです。

NIKOLAではこれ以外にも多数のニーズを掲載しています。

オープンイノベーションの基本であるコネクト&デベロップメント(繋がって、開発する)を実現する“Nikola“から、最新の技術ニーズ情報のお知らせです。

JTGは、“Nikola“を通じて、グローバル企業の最新の技術ニーズをいち早く入手し、そのニーズにあった技術とマッチングするという”ニーズ・ドリブン”のアプローチを支援するオープンイノベーション業務支援サービスを提供しています。

Nikolaに公開された最新の技術情報です。ご興味のあるニーズがありましたら、Nikolaを通じて応答していただくか、JTGまでお問合せください。

興味のある方は、JTGまでお問い合わせ下さい。

Tel: 03-6825-1418
E-mail: info@japantechnologygroup.com