free hit counter

 

NEWS・お知らせ

ACCESS TO INNOVATION

J A P A N   T E C H N O L O G Y   G R O U P    N E E D S    L I S T I N G

TECHNOLOGY NEEDS

技術ニーズ情報 

TECHNOLOGY NEEDS 2022

Pepsico | 技術募集

NEWS・お知らせ

技術移転・事業化支援コンサルティング会社i-deals社との業務提携

BIO Internationalがオンラインへ!

大手製薬企業を中心としたバイオ技術産業界における世界最大の年次会議 “BIO International Convention”が、今年は“BIO Digital”としてオンライン・ヴァーチャル会議という新しいフォーマットで開催されます

 

オーストラリア  オープン・イノベーション・ウェビナー2020 開催のご案内(終了)

オーストラリア・ビクトリア州政府は東京オフィスを拠点に日本で40年以上の活動をしてきており、ビクトリア州の研究機関と日本の企業、研究機関との更なる連携を促進するためにこの度のウェビナーを開催致します。

東京オフィス移転のお知らせ!


(株)ジャパン・テクノロジー・グループ(JTG)は、2021年2月1日(月)よりオフィスを移転しました。

過去のニュースはこちら

オーストラリア  オープン・イノベーション・ウェビナー2021 開催のご案内 (終了)

今回のウェビナーでは、オーストラリアの最先端のNutrition & Health研究にフォーカスしたアンチエイジングやヘルスフードなど、日本でも重要課題とされている高齢化社会での健康増進に関連した研究について発表いたします。

消費者の健康意識の高まりにより、機能性飲料の需要が高まっています。しかし、多くの機能性成分は、低pH飲料において、製造時や保存期間中に課題(安定性、溶解性、味など)を抱えています。代表的な機能性成分は、植物性成分や天然色素など様々です。

ペプシコは、飲料製品群の様々な機能性(およびその他)成分のための新しいカプセル化技術を求めています。理想的には、様々な飲料製品群および成分で使用できる技術ですが、異なるシステム/成分で複数の技術を使用することも可能です。

スケールアップ、コスト、規制、多様な成分のプラットフォームとなり得るかどうかが鍵となりますが、商業的な実現可能性が高い技術を求めています。

飲料用原料のカプセル化技術

背景・詳細

• 共同研究/開発

• ライセンス

• 特許譲渡

• 合弁事業

 

技術成熟度レベル(TRL):TRL6 - 8

 

2022/11/16 掲載

P&Gが、ランドリー製品の総カーボンフットプリントへの影響がポジティブまたはニュートラルな成分を求めています。

 

 

概要

技術要件

<重要な成功基準>

複数の成分のためのカプセル化技術に興味があります;

• 疎水性または油溶性成分

• 親水性または水溶性成分

対象となる成分には、以下のようなものが含まれます(ただし、これらに限定されるものではありません);

• 植物性成分

• アントシアニンのような天然着色料

• ビタミン類

<必須条件>

• 消費者にとって安全であり、毒性効果を理解するための安全性データを持っていること

• カプセル化剤は、中性pHをトリガーとする酸性化された飲料中で安定である

• カプセル化剤は、濃縮系でも希釈系でも安定である

• 低pH(2.7-3.2)の飲料で6-9ヶ月間安定(光、熱に安定で、沈殿や相分離はない)

• 熱処理後も安定(約200~205F、33秒)

• 最終製品への官能的な影響が最小限または全くないこと

• 最低6ヶ月の成分保存可能期間

<望ましい条件>

• 賞味期限が長い成分(12ヶ月以上)

• 消費者に優しいラベル(きつい名前でないこと)

• カプセル化は少なくとも50%の基質負荷に対応できる

• 最終飲料中に150-600ppmの基質を供給できること



評価対象外の技術

• ラボスケールでの実現可能性のみの研究用技術

 

望ましい連携形態

• 共同研究/開発

• ライセンス

• 特許譲渡

• 合弁事業

 

 

 

 または、info@japantechnologygroup.com までメールでお問い合わせください。
(興味のある技術ニーズのタイトルまたはURLを明記ください)

ニーズへの応答は無料です。

※ 上記掲載内容は、ジャパン・テクノロジー・グループ(JTG)が各ニーズの概要や要点を、独自に整理・要約・
翻訳(海外ニーズの場合)した上でご提供しているものです。

NIKOLAではこれ以外にも多数のニーズを掲載しています。

オープンイノベーションの基本であるコネクト&デベロップメント(繋がって、開発する)を実現する“Nikola“から、最新の技術ニーズ情報のお知らせです。

JTGは、“Nikola“を通じて、グローバル企業の最新の技術ニーズをいち早く入手し、そのニーズにあった技術とマッチングするという”ニーズ・ドリブン”のアプローチを支援するオープンイノベーション業務支援サービスを提供しています。

Nikolaに公開された最新の技術情報です。ご興味のあるニーズがありましたら、Nikolaを通じて応答していただくか、JTGまでお問合せください。

興味のある方は、JTGまでお問い合わせ下さい。

Tel: 03-6825-1418
E-mail: info@japantechnologygroup.com