Access to Innovation

 

 

JTGの サ ー ビ ス

J A P A N   T E C H N O L O G Y   G R O U P     S E R V I C E S

知財の戦略的な活用に必要なプロフェッショナル・サービス

PROFESSIONAL SERVICE

豊富な経験と専門性を結集して国際的な知財の活用をサポート

グローバルビジネスにおいて、知財を取り巻く課題の解決や効果的な知財実務の実行において、外部専門家との連携は不可欠です。JTGは、これまで国際的な知財ビジネスの世界で培った経験と高度な専門性に基づき、知財や技術が持つ価値を最大限に高め、知財の戦略的な活用に必要なプロフェッショナル・サービスを提供します。

 

研究開発型の企業では、新規事業展開や新商品の研究開発において、自社技術の強みを生かし、競合との差別化を明確にする上で、戦略的な知財構築は不可欠です。また、資産価値や企業価値を知る上で、未使用特許を含む特許の価値評価の重要性も高まっています。

 

また、企業だけでなく大学や研究機関においても、出願後の審査請求や外国出願の要否判断、さらに特許ポートフォリオの構築とその活用にあたっての特許調査や特許評価など、マーケットや技術動向に基づく特許戦略立案と知財マネージメントが求められています。

 

 

 

これまでのサービス活用事例

• 研究開発型ベンチャー企業  知財マネジメント全般に関するコンサルティング

• ベンチャーキャピタル    ポートフォリオ企業が保有する特許の価値評価

• 大手メーカー        未使用特許の価値評価及びその活用に関する

               コンサルティング

• 大手メーカーR&D部門    新規開発技術分野の特許情報分析及び

               パテントマップの作成

• 大学の産学連携部門(TLO)  保有する特許の市場性調査及びマーケティング

NEWS・お知らせ

ニーズ提供元企業

JTG NEWS

カザフスタンのイノベーション創出と新産業育成への協力を目的に国営技術移転機関NATDと連携

ジャパン・テクノロジー・グループ(JTG)は、カザフスタン国家発展エージェンシー(NATD)と日本カザフスタン両国間でのイノベーション創出と新産業育成を目的とした連携に関するMOU(Memorandum of Understanding:覚書)を締結しました。

Wellspringと日本でのチャネルパートナー契約を締結

EU発先端技術の日本での事業性調査プロジェクトを日欧産業協力センターから受託

JTGは、国際コンソーシアムの一員として、EU発先端技術の日本での事業性調査プロジェクトである「Technology Transfer and Open Innovation Consultancies work to enhance industrial cooperation between Europe and Japan」を日欧産業協力センター(EU-Japan Center for Industrial Cooperation)から受託しました。

東京商工会議所の中小企業国際展開アドバイザーの委嘱認定を取得

技術移転・事業化支援コンサルティング会社i-deals社との業務提携

JTGに最新の技術ニーズを提供している欧米企業の一部(アルファベット順)

Abiogen Pharma, Ablynx, AERAS Global TB Vaccine Foundation, Affitech USA, Agilent Technologies, Air Products & Chemicals, Alfresa Pharma Corporation, Amgen, Anatech Ltd., AntiCancer, Inc., Aphton, ApoLife, Applera Corporation, Ariston Pharmaceuticals, ArtiSoft, Astellas Pharma, Astellas Pharma Europe, AstraZeneca, AstraZeneca K.K.(Japan R&D), AstraZeneca Pharmaceuticals LP, Athena Diagnostics, BASF AG, Bausch & Lomb AG, Bayer HealthCare LLC, Bayer Crop Science, Beacon Pharmaceuticals, BioInvent International AB, Biological Targets, BioMarin, Biomira, Biotech Park, Biovail, Biovitrum Biopharmaceuticals, birchbob, Boehringer Ingelheim, Boehringer Laboratories, BTG plc, Cargill, Cenamps, Central Life Sciences, Chemicon International, Chiron, Cima Labs, Clean Diesel Technologies, Colgate Palmolive Company, Corium International, Curacyte AG, Debiopharm SA & Debioinnovation, Diversa, DuPont, Dyax, Dynogen, ebadu ventures limited, Ecolab, Elementis, Eli Lilly, F.Hoffman-La Roche, Fresenius Kabi, Gaylord Chemical Corp., GE Healthcare, Genentech, General Mills, Genetrix, Genzyme, GlaxoSmithKline, Goodlife Healthcare, GSK Consumer Healthcare, Helsinn Healthcare, Hitachi Americas, HSS Ventures, iCo Therapeutics, Immune Control, Innovata plc, InterMolecular, Invitrogen Corporation, Johnson & Johnson, Juelich Fine Chemicals, KMG Japan, Kubota Research Associates, Kuros Biosurgery, LabCorp, Lampire Biological Laboratories, Leiras Finland, Life Technologies Corporation, L’Oreal USA Products, Lorus Therapeutics, March Plasma Systems, Maxygen, MedImmune, Menarini Biotech, Merck & Co, Merck Frosst Canada, Merz, Microsoft Corporation, Milliken Chemical, Millipore, Millwrights, Monsanto, MOSAID Technologies Incorporated, NichiBei Bio, NineSigma, Novartis Consumer Healthcare, NovaThera, Novo Nordisk A/S, Novus Biologicals, NTTC, Office of Law Enforcement Techn. Commercialia, OM THANIKAI INDUSTRIES, Pain Therapeutics, Pfizer Consumer Healthcare, Pfizer, Inc, Pharmacopeia, philogene, Pierre Fabre SA, Plant Biosciences (PBL), PPG Industries, Praxair, Procter & Gamble, ProCyte Corporation, Promega, QLT, RCT BioVentures, Reckitt Benckiser , Replizyme, Roche, Sanofi-Aventis, Sanofi-Pasteur, SC Johnson & Son, SemBioSys Genetics, seriatina.com, Signet Laboratories, SingVax, SkinMedica, SSL International, StoneBridge Pharma, Sunesis, Technic, The Dow Chemical Company, Two River, Upstate USA, Vincogen Corp., Vishay Intertechnologies, Ward Industries, Ward Industries, WellGen, WorldTech, Wyeth Pharmaceuticals, yet2.com, Zephyr Sciences, Zobele

JTGのプロフェッショナル・サービス

特許調査

専門分野毎の特許技術者によるハイレベルな特許調査を実施します。特許戦略に基づき調査の目的を明確にし、予備調査を実施した上で、段階的な調査の実施を提案します。調査のマイルストーン毎に的確な判断材料を提供することで、より精度の高い高度な調査を低コストで実現します。

 

技術動向調査、先行技術調査、特許マップ作成、新規性調査、

異議申立資料調査、無効審判資料調査、侵害防止調査、他

特許調査の例

JTGのプロフェッショナル・サービス

戦略的な外国特許出願

 

グローバルな事業展開や知財の国際的な活用を目指すにあたっては、外国特許出願、特に米国特許の取得は必須と言えます。競合他社の模倣に対する抑止と相手の特許取得を防ぐ防衛策、差別化戦略に基づく技術独占、さらに、強固かつ競争力の高い知財を構築して知財の価値や企業価値を高めるなど、特許出願の目的は様々です。発明者の目的に基づき国際的な権利行使を見据えた特許戦略の立案から、その戦略に則った外国出願実務を提供します。

米国出願の直接代理

日米に拠点を持つ恵泉国際特許事務所グループの強みとして、米国出願は直接代理します。全て日本語でのコミュニケーションが可能で、質の高い出願実務と従来比較で2/3の低コストを同時に実現します。

米国仮出願を活用したマーケティング

米国仮出願を活用して優先権を確保した上で、本出願までの猶予期間(12ヶ月)を活用してマーケティングを実施します。事業性の判断や特許戦略の検証、開発計画の策定に有効な情報を提供します。仮出願手続きからマーケティング実施までワンストップで提供します。

JTGのプロフェッショナル・サービス

特許価値評価

技術開発型ベンチャー企業の企業価値の評価、企業や大学の未使用特許の資産評価、ベンチャーキャピタル等投資家のポートフォリオ評価など、特許権を定量的に評価する特許価値評価は、ビジネスや知財管理の様々な側面において、その重要性と必要性が高まっています。

 

特許バリュエーション・サービス

特許価値評価手法として一般的に用いられるインカムアプローチ(DCF法)に基づき、評価目的に合致した根拠ある数値を比較的短期間で導き出します。

特許事業化アセスメント・サービス

事業化を視野に入れたSWOT分析を含む市場調査、競合調査、技術動向調査まで提供する、特許技術を核にした事業化や製品化を見据えた幅広い視点からの評価結果を導き出します。

興味のある方は、JTGまでお問い合わせ下さい。

Tel: 03-5298-6552
E-mail: info@japantechnologygroup.com

JTGのサービス

JTGについて

クレド

企業・個人発明家向け
国際技術移転サービス

アクセス

お問合せ・ご質問は

株式会社ジャパン・テクノロジー・グループ

Japan Technology Group, Inc.
Tel: 03-5298-6552

E-mail:  info@japantechnologygroup.com