Access to Innovation

NEWS・お知らせ

ニーズ提供元企業

JTG NEWS

”UNITT Annual Conference 2017”
参加報告

UNITTの第14回目の年次総会に 弊社の山本がパネルセッションのパネラーとして参加しました。

UNITTアニュアル・カンファレンス2017にパネラーとして登壇します。(終了)

2017年9月8日(金)〜9日(土)に東京工業大学大岡山キャンパスで開催される、一般社団法人大学技術移転協議会(UNITT)主催『UNITTアニュアル・カンファレンス2017』でのパネルセッションに弊社山本がパネラーとして登壇します。

ペンシルベニア州政府主催”米国・ペンシルベニア州投資セミナー”(終了)

今年も”BIO International Convention”に参加!

JTGは、日本の技術移転ゲートウェイとして6月19日〜22日に米国カリフォルニア州サンディエゴで開催されたバイオ技術分野で世界最大のイベントである”BIO International Convention 2017”に参加しました。

カザフスタンのイノベーション創出と新産業育成への協力を目的に国営技術移転機関NATDと連携

カザフスタン国家発展エージェンシー(NATD)と日本カザフスタン両国間でのイノベーション創出と新産業育成を目的とした連携に関するMOU(覚書)を締結しました。

Wellspringと日本でのチャネルパートナー契約を締結

Wellspring Worldwide社と技術移転ソフトウェア及び企業向けイノベーション管理ソフトウェア販売の戦略的なチャネルパートナー契約を締結しました。

技術移転・事業化支援コンサルティング会社i-deals社との業務提携

JTGに最新の技術ニーズを提供している欧米企業の一部(アルファベット順)

Abiogen Pharma, Ablynx, AERAS Global TB Vaccine Foundation, Affitech USA, Agilent Technologies, Air Products & Chemicals, Alfresa Pharma Corporation, Amgen, Anatech Ltd., AntiCancer, Inc., Aphton, ApoLife, Applera Corporation, Ariston Pharmaceuticals, ArtiSoft, Astellas Pharma, Astellas Pharma Europe, AstraZeneca, AstraZeneca K.K.(Japan R&D), AstraZeneca Pharmaceuticals LP, Athena Diagnostics, BASF AG, Bausch & Lomb AG, Bayer HealthCare LLC, Bayer Crop Science, Beacon Pharmaceuticals, BioInvent International AB, Biological Targets, BioMarin, Biomira, Biotech Park, Biovail, Biovitrum Biopharmaceuticals, birchbob, Boehringer Ingelheim, Boehringer Laboratories, BTG plc, Cargill, Cenamps, Central Life Sciences, Chemicon International, Chiron, Cima Labs, Clean Diesel Technologies, Colgate Palmolive Company, Corium International, Curacyte AG, Debiopharm SA & Debioinnovation, Diversa, DuPont, Dyax, Dynogen, ebadu ventures limited, Ecolab, Elementis, Eli Lilly, F.Hoffman-La Roche, Fresenius Kabi, Gaylord Chemical Corp., GE Healthcare, Genentech, General Mills, Genetrix, Genzyme, GlaxoSmithKline, Goodlife Healthcare, GSK Consumer Healthcare, Helsinn Healthcare, Hitachi Americas, HSS Ventures, iCo Therapeutics, Immune Control, Innovata plc, InterMolecular, Invitrogen Corporation, Johnson & Johnson, Juelich Fine Chemicals, KMG Japan, Kubota Research Associates, Kuros Biosurgery, LabCorp, Lampire Biological Laboratories, Leiras Finland, Life Technologies Corporation, L’Oreal USA Products, Lorus Therapeutics, March Plasma Systems, Maxygen, MedImmune, Menarini Biotech, Merck & Co, Merck Frosst Canada, Merz, Microsoft Corporation, Milliken Chemical, Millipore, Millwrights, Monsanto, MOSAID Technologies Incorporated, NichiBei Bio, NineSigma, Novartis Consumer Healthcare, NovaThera, Novo Nordisk A/S, Novus Biologicals, NTTC, Office of Law Enforcement Techn. Commercialia, OM THANIKAI INDUSTRIES, Pain Therapeutics, Pfizer Consumer Healthcare, Pfizer, Inc, Pharmacopeia, philogene, Pierre Fabre SA, Plant Biosciences (PBL), PPG Industries, Praxair, Procter & Gamble, ProCyte Corporation, Promega, QLT, RCT BioVentures, Reckitt Benckiser , Replizyme, Roche, Sanofi-Aventis, Sanofi-Pasteur, SC Johnson & Son, SemBioSys Genetics, seriatina.com, Signet Laboratories, SingVax, SkinMedica, SSL International, StoneBridge Pharma, Sunesis, Technic, The Dow Chemical Company, Two River, Upstate USA, Vincogen Corp., Vishay Intertechnologies, Ward Industries, Ward Industries, WellGen, WorldTech, Wyeth Pharmaceuticals, yet2.com, Zephyr Sciences, Zobele

過去のニュースはこちら44

JTGの サ ー ビ ス

JTGは、知的財産の価値を高め、戦略的に活用するという観点から、オープンイノベーションが定着している欧米を中心としたグローバル企業への、未活用特許や研究開発資産のライセンスや売却に向けた活動の全般をサポートします。 特許のライセンスや売却
特許をライセンス/売却する
知財活用支援サービス

JTGが提供する特許活用支援サービスは、企業や研究機関が保有する何らかの理由で未活用となった特許や研究開発資産のライセンスや譲渡の機会の探索を通じて、知財の資金化の機会を提供します。本サービスにおいては、知財の適用先となりうる対象企業を探索し、技術情報の開示とその後のコミュニケーションのサポートを通じて、ライセンスや権利譲渡などの可能性を検証し、最終的に移転先となり得る企業を特定するまでの一連の業務をカバーします。

サービスの内容

License technology

企業向け知財活用支援サービス

J A P A N   T E C H N O L O G Y   G R O U P     S E R V I C E S

企業向け知財活用支援サービス

CORPORATE&ENTERPRISE
  • 技術/特許の基礎的な評価 
    対象となる技術/特許を、特許ステータス、対象市場のニーズや技術の導入形態などを考慮し、技術移転的な観点から簡易的に評価します。

  • 対象となる市場及ビ企業の特定
    知財の適用先となる市場を選定し、対象企業とその適切な窓口を特定します。企業の特定には、独自のネットワークだけでなくJTGが連携する欧米アジア主要国の技術移転機関及び技術移転専門家のネットワークを活用して調査します。

  • 技術情報の開示とフィードバックの取りまとめ
    知財の移転先として対象となり得る企業に対して、技術/特許に関する情報を開示します。また、その後のコミュニケーションをフォローアップし、得られたフィードバックの分析、検討し、中間報告します。

  • 交渉対象となる企業の特定
    中間報告結果に基づき最終的な交渉対象となる企業を特定します。特定にあたり必要に応じて、候補企業との面談や電話会議などのコミュニケーションを図り、必要な情報を収集します。

全てのサービスは、日本の担当スタッフが窓口となり、日米の特許専門家と国際ビジネスのエキスパートが一体となってサポートします。言語や時差など海外とのやり取りにつきもののストレスは一切ありません。

興味のある方は、JTGまでお問い合わせ下さい。

Tel: 03-5298-6552
E-mail: info@japantechnologygroup.com

お問合せ・ご質問は

株式会社ジャパン・テクノロジー・グループ

Japan Technology Group, Inc.
Tel: 03-5298-6552

E-mail:  info@japantechnologygroup.com